質のいい睡眠でハリ肌復活!!

質のいい睡眠でハリ肌復活!!

 

秋は寝ている間にキレイになれる絶好のチャンスなのです!

 

睡眠を味方につけた人からハリ肌になりれます!

 

睡眠中には成長ホルモンなど細胞修復ホルモンが分泌されて、細胞が再生、修復されています。

 

特に睡眠開始後3時間の分泌量が高くて、皮膚を含めて全身の再生には、約6時間の睡眠が必要とされています。

 

ある化粧品会社の研究によれば、睡眠不足でバリア機能の回復が低下することがわかりました。

 

皮膚の水分蒸散量が増加して、水分量が低下することで、ハリ感のある肌の要素として重要なうるおい感がなくなって、キメが乱れた肌になります。

 

ハリのもっとも大きな要素は真皮層にあるコラーゲン繊維の密度ですが、日中の乾燥、紫外線、ストレスからダメージを受けるためにできるだけダメージを蓄積しないことも大切になります。

 

うるおいをアップさせる良質な睡眠をとること、日中の肌ダメージを夜間にできるだけ修復することがハリ肌の近道といえます。

 

そして重要なのは、就寝後3時間に成長ホルモンの分泌を活性させる深い睡眠(ノンレム睡眠)をとることです。

 

睡眠の質の低下によってホルモン分泌に変化が出て、皮膚の再生にも悪影響が出ます。

 

皮膚の代謝が乱れて古い角質が毛穴に落ちてしまうなど、不規則な睡眠は美肌の大敵になりますが、深い睡眠がとれれば必ずしも夜10時〜12時までに寝る必要はありません。

 

深夜のスマホ使用は脳の活動が持続して、睡眠モードに切り替わらずに、睡眠の質の低下につながってしまいます。

 

睡眠前の1〜2時間はスマホやテレビの使用を避けることです。朝の光を浴びて交換神経を活発にしましょう。

 

夜には日中の緊張やストレスを和らげ、眠る前の時間には光を落してリラックスし副交感神経を高めることが良い睡眠には重要になります。

 

つまり、ハリ肌復活のためにはライフスタイルを見直すことがポイントになります!

 

 

快眠体質になればお肌も人生もハッピー!!

 

良質な睡眠に最も大切なのは、朝起きて目に光を感知させることです。体内時計が起動して、起床してから約15時間後には、自動的に眠気を起こすメラトニンが分泌されるようになります。

 

食事や運動のメニュー選びにもちょっとしたコツがあり、少なくとも起床後1時間以内に朝食をとりましょう。

 

できれば3食すべて、せめてアミノ酸のトリプトファンを含んだ朝食(乳製品、卵、大豆、肉、魚、バナナ、ナッツ類、アボカドなど)を取ること。

 

トリプトファンは、幸福ホルモンと呼ばれるセロトニンの原料になります。朝とると前向きな気分になり、夜には脳内でメラトニンに変換され快眠を誘う大事なホルモンなのです。

 

また、よく噛む、軽い運動などリズミカルな動きはセロトニン分泌を促します。

 

夕食は眠る4時間前までに、入浴は38度〜40度のぬるま湯で20分の全身浴、眠る前3時間は、ハードな体操やマッサージ、熱いお風呂は避けましょう。

 

上手く眠れない人も須古井s習慣で快眠体質に、人生も前向きに変わります!

 

 

>>ベルリアンの口コミはステマ!?|徹底調査してわかった本当の効果<<