ストレス肌をケアしてレッツエイジングケア!!

ストレス肌をケアしてレッツエイジングケア!!

 

上司に理不尽なことで叱られ毎日針のむしろ・・・、

 

でも仕事を辞めるわけにはいかないし自分が我慢するしかない対人関係だったり、

 

仕事が山積みで毎晩残業・・・、

 

やっと家へ帰って眠れたのに、夢の中でも仕事に追われていてめちゃくちゃ忙しかったり、外は寒いのに、職場はエアコンのおかげで暑いくらい・・・、

 

寒暖の差って陣に体力を奪われちゃう・・・、

 

 

などなどこんなストレスが老け肌の原因になってしまいます。

 

ストレスを感じると抹消神経が収集するために血流が滞ります。

 

血流が悪化してしまうと、酸素や水分、栄養分が正しく運ばれなくなってしまいます。

 

そのために、肌細胞の機能が衰えて、バリア機能が低下してしまうのです。

 

すると、肌の中では見た目にはわからない微弱な炎症が発生します。

 

皮膚組織が破壊されるために、シワやたるみなど、肌の老化が進行してしまうのです・・・。

 

ストレスによる肌老化を防ぐには、原因を取り除くことが第一になります。

 

仕事や人間関係から起こるストレスの場合は、原因を取り除くのが困難なこともありますよね。

 

そういったときは、友人や心理カウンセラーに相談してアドバイスをもらったり、運動や旅行でストレス解消するといいですね。

 

また、スキンケアでは、まず保湿に力をいれることです。

 

保湿することで肌細胞同士の結びつきが高まれば、バリア機能がアップします。

 

刺激を跳ね返して、微弱炎症に待ったをかけられます。

 

手のひらで肌を包むことで密封効果や温熱効果で美容成分の角層への浸透が高まると同時に血流促進効果も期待できます。

 

 

どうしてストレスで肌老化が進むの??

 

血流が滞って皮膚温度が低下

ストレスを受けたり睡眠不足になったりすると、交感神経が優位になります。すると、肌に血液を届ける毛細血管が収縮して、血流が悪化して皮膚の温度が低下してしまいます。肌がいつもひんやりしている人は血流不足に陥っているかもしれないので注意が必要です。

 

肌細胞の連結がゆるんでバリア機能が低下

皮膚温度が低下すると、肌細胞同士をつなぐかぎである「タイトジャンクション」の働きが不安定になります。すると肌内部から、水分とともにカルシウムイオンが流出します。カルシウムイオンは健康な角層を作る司令塔になります。流出すると角層が未熟になってバリア機能が低下してしまいます。

 

慢性的な炎症がコラーゲンを破壊

バリア機能が低下した肌は、ちょっとした刺激にも反応しやすくなって、慢性的な炎症を起こしてしまいます。すると炎症の副産物として、コラーゲンが破壊されると肌は保水力や弾力を失うために、シワやたるみなどのエイジングが加速してしまいます。

 

 

>>ベルリアンの口コミはステマ!?|徹底調査してわかった本当の効果<<