人気ニキビ用美容液「ベルブラン」でも効かないニキビ跡とは・・・。

人気ニキビ用美容液「ベルブラン」でも効かないニキビ跡とは・・・。

 

繰り返すニキビ、デコボコ肌、ニキビ跡を隠すためにファンデーションが厚塗りに、マスクで隠さないと恥ずかしい、ニキビ跡のこんな悩みを抱えていませんか。

 

ニキビ跡はケアできないとあきらめてしまっているかもしれませんが、ニキビ跡をケアできる可能性もあります。根気よくケアを続ければ、キメが整った滑らか肌に近づくことが期待できます。

 

 

ニキビ跡をケアするベルブラン

 

ベルブランはニキビ跡のデコボコやニキビ染みをケアする美容液です。ベルブランには5つのこだわりがあります。

 

1つめは成分の通り道を作ることです。油溶性甘草エキスが肌への通り道を作り、美容成分を引き込んでくれます。

 

2つめはトラネキサム酸を配合していることです。トラネキサム酸は美白効果がある医薬部外品成分です。その他にもアルピニアカツマダイ種子エキスやカモミラエキスなど美白をサポートする成分を配合しています。

 

3つめはデコボコ肌をケアすることです。トリプルヒアルロン酸、水溶性コラーゲン、スターフルーツエキスがふっくら肌に導きます。

 

4つめはこれからできるニキビもケアをすることです。グリチルリチン酸2Kが肌の状態を整えて、これからできるニキビを予防します。

 

5つめは肌への優しさを考えていることです。紫外線吸収剤、動物性原料、パラベン、シリコン、鉱物油、石油系界面活性剤、タール系色素、合成香料は無配合です。これらの成分は肌にダメージを与えます。せっかくニキビ跡ケア成分が配合されていても、ダメージを与える成分が邪魔をしてしまいます。ベルブランは無添加なので、肌が弱い方でも安心できます。

 

 

ベルブランは朝と夜の2回塗るだけです。ニキビ跡を集中的にケアをします。

 

 

放置していると悪化の可能性が・・・

 

ニキビを放置していると、ニキビ跡が悪化する可能性があります。

 

ニキビ跡ができるのは、ニキビの炎症が原因です。

 

炎症を起こすと活性酸素が発生します。活性酸素は健康な皮膚を傷つけてしまい、ダメージを受けることでメラニンが生成されてニキビ染みになります。

 

炎症は皮膚組織を破壊してしまうこともあります。破壊された皮膚が修復する際に、表面が陥没をしてクレーター状のニキビ跡になります。

 

ニキビが悪化をするほど炎症がひどくなり、ニキビ跡ができる可能性があります。ニキビ跡を防ぐためには、正しいケアをして早めにニキビを治すことが大切です。ベルブランはニキビ跡のケアと同時に、これからできるニキビもケアできます。ニキビを防ぐことで、ニキビ跡が残りにくくなることが期待できます。

 

 

ニキビ跡に効かないことも

 

ニキビ跡は専用の化粧品でケアをすることがおすすめです。ニキビ跡専用なら最適な方法でケアができます。根気強くケアを続けることでが大切です。

 

しかし、ニキビ跡専用の化粧品でも、ニキビ跡解消が難しいこともあります。

 

化粧品でケアができるのは、程度が浅いニキビ跡です。肌の表面にできてしまったニキビ染みは、目立たなくなる可能性があります。

 

 

しかし、肌の奥深くの真皮層にまで達してしまうと化粧品ではケアができないことがあります。化粧品の成分は真皮層にまで到達しないので、ケアが難しいのです。深いクレーター状になってしまったら、化粧品では改善できないかもしれません。

 

 

化粧品でケアできないときは

 

化粧品でニキビ跡をケアしても改善が難しい場合は、皮膚科に相談をしましょう。

 

皮膚科では、ダーマローラー、イオン導入、カーボピーリング、炭酸ガスレーザー、フラクショナルレーザーなど、さまざまな治療法が用意されています。

 

 

ニキビ跡の状態によって最適な治療方法が違うので、医師と相談をしましょう。また、保険適用ではなく、皮膚科によって料金に違いがあります。料金についても確認をしておきましょう。